土壌詳細調査(フェーズ3)について

土壌詳細調査の概要

土壌概況調査で土壌汚染のリスクがあると評価された場合の調査です。詳細調査の方法は項目により異なり、以下のようになります。

表層土壌調査で重金属等が基準値を超えた場合

汚染深度の確認調査など

  • ボーリング調査
  • 地下水調査

詳しくは土壌詳細調査(重金属等、農薬類の場合)をご覧ください。

土壌ガス調査において揮発性有機化合物が検出された場合

土壌汚染の有無、汚染深度の確認調査など

  • 土壌ガス絞込み調査
  • ボーリング調査、地下水調査

詳しくは土壌詳細調査(揮発性有機化合物の場合)をご覧ください。

調査方法について

ボーリング調査
汚染深度や土壌汚染の有無を確認するため、深層部の土壌を採取し深度ごとに対象物質を分析します。
地下水調査(モニタリング)
地下水汚染の有無の確認や、土壌汚染対策後の効果確認として、地下水採取用の井戸を設置し、地下水を採取・分析します。

SCSC(簡易機械式ボーリングマシン)の構成と仕様