主な地盤調査方法

調査方法 概要 長所 短所
スウェーデン式サウンディング試験 スクリューポイントを地盤に貫入させ、その時の貫入に要する荷重と回転数から抵抗値を測定する
  • 試験装置・試験方法が簡単で容易にできる
  • 試験結果をN値に換算できる
  • 深度方向に連続してデータが取れる
  • 礫・ガラなどは、貫入困難となる
  • 調査深度は10m程度が目安
ボーリング標準貫入試験 ボーリングで孔を開けてレイモンドサンプラーを地中に打ち込む打撃回数(N値)を測定する
  • N値から地盤の強度を推定できる地下水位の確認ができる。
  • 土が採取できるから、土層の確認ができる。
  • 作業スペースが大きい(4m×5m程度)
  • 費用が高額である
ハンドオーガーボーリング オーガーを人力で回転貫入し、土をサンプリングする。
  • 比較的簡便に表層部の土質を確認できる
  • 人力での回転貫入の為、調査限界が低い
平板載荷試験 直径30cmの鋼板に荷重を段階的に載せて、沈下量を測定する
  • 地盤の支持力を直接判定できる
  • 作業スペースが大きい
  • 費用が高額である
  • 深度方向の調査が困難
オートマチック・ラム・サウンディング試験 コーンを地中に打ち込み、所定の深さに打込むのに必要な打撃回数を測定する
  • ボーリング(標準貫入試験)と比べて、簡便である
  • 深度方向に連続してデータが取れる
  • N値との相関性が良い
  • 高低差の大きい現場での作業が困難
ポータブルコーン貫入試験 コーンを人力で地中に押し込み、その時の圧力を測定し、面積当たりの抵抗値を求める
  • 抵抗値から、一軸圧縮強さ及び粘着力を求めることができる
  • 人力での圧入のため調査限界が低い
レイリー波探査 起振器と受信機でレイリー波速度を測定し、地盤構成と地盤の強度と特性を把握する
  • レイリー波速度から間接的に地盤の強度の把握が可能
  • スペースを取らない
  • 非破壊試験である
  • 表層に厚い軟弱層がある場合は、大きな起振器が必要になる
  • 土質分類を行うためには、ボーリングデータが必要
  • 地中障害の反射波の影響を考慮する必要がある
  • データの解析に熟練を要する