Σ-i工法(シグマ・アイ工法)

パンフレットダウンロード(PDF)

杭状地盤補強工法

Σ-i工法(シグマ・アイ工法)

鋼管杭に必要なすべての要素を集大成

一般財団法人 日本建築総合試験所:GBRC 性能証明 第10-13号 改

Σ-i工法(シグマ・アイ工法)の特長

先端翼形状

載荷試験状況

施工状況

施工状況

あらゆる地盤に対応

  • Σ-i工法は砂質土地盤、礫質地盤、粘性土地盤などあらゆる地盤に対応する、汎用性の高い地盤補強工法です。
  • スウェーデン式サウンディング試験、ラムサウンディング試験の換算N値を用いた設計が可能。

確実な支持力

  • 杭先端に取り付けられた翼部分は、直径が鋼管軸径の2.5~3.0倍であるため、大きな先端指示力を得ることができます。

高い施工性能

  • 4枚の掘削刃と一体成形されたスパイラル状の翼部は、硬い支持層地盤にも容易に貫入することができます。

環境への配慮

  • 回転貫入施工のため振動・騒音を極力抑制することができました。
  • 施工による排出土が発生しません。

狭小地への対応

  • 先端翼の形状により貫入推進力が高く、小型の施工機械が使用でき、狭小地や隣接環境に左右されず施工が可能です。

一貫した管理体制

  • 「設計・施工管理技術者」による設計および施工管理の体制を確立しました。また先端翼部は信頼性確保のため、すべて通し番号によるロット管理を行っています。

信頼の性能

  • Σ-i工法の信頼ある性能は一般財団法人 日本建築総合試験所の「建築技術性能証明」の取得により確認されました。

Σ-i工法の適用範囲

  1. 適用する地盤の種類
    基礎ぐいの先端地盤 : 砂質土地盤(礫質土地盤を含む)、粘性土地盤
  2. 最大施工深さ
    施工地盤面から本体部軸径の130倍以下
  3. 適用する建築物
    下記の1~4のすべての条件を満足する建築物、および、高さ3.5m以下の擁壁
    1. 地上3階建て以下
    2. 高さ13m以下
    3. 軒高9m以下
    4. 延べ面積5,000m2以下