地歴調査(フェーズ1)について

地歴調査概要

土地の売買の際に土壌汚染に対する不安を払拭するために、地歴調査を実施するケースが増えています。

地歴調査は、購入を検討している土地が過去にどのような利用をされていたかを古地図登記簿などから調査し、それによって、土壌汚染の可能性を評価するサービスです。

土地のご購入を検討している場合など、地歴調査で土地の履歴を明らかにすることをお奨めします。

地歴調査の内容

古地図調査
過去の土地利用の変遷を調べます。
登記簿調査
過去にさかのぼって、土地の所有者を調べます。
役所へのヒアリング
当該地が、法律や条例で定められた特定施設や工場などに該当するかどうかを調べます。
現地調査
資料では確認できない建物の配置、廃棄物の埋め立てや悪臭などを現地で確認します。
各種資料調査
古地図などで確認された建物などについて、事業所名簿などから詳細に調べます。

まずはジオテックに御相談ください。

  • 弊社では、古地図登記簿のほか各種資料を参考にしており、総合的に考察・評価を行っています。
  • 調査の進め方(PDF)
  • このほかに、関係者へのヒアリング調査や、条例に対応した調査についても対応いたします。