Q10、土壌概況調査のサンプリングはどの程度行うのですか?

回答

土壌汚染の可能性が高い場合低い場合で調査地点の設定が違ってきます。

土壌汚染の可能性が高い場合

特定有害物質を使用していた場所であったなど、土壌汚染の可能性が高いエリアの調査地点では、以下のように調査を実施します。

100m2につき、1地点のサンプリング

土壌汚染の可能性が低い場合

事務所、駐車場、空き地など、土壌汚染の可能性が低いエリアの調査地点では、以下のように調査を実施します。

900m2につき、1箇所のサンプリング

詳しくは「土壌概況調査(フェーズ2)について」をご覧ください。