No.06 神奈川県横浜市保土ヶ谷区

地形
台地と谷地の境(データは谷地の様相)
基礎仕様
ベタ基礎+セメント安定処理300mm程度
最大沈下量
-130mm
沈下状況
玄関から見て右奥方向へ一様に不同沈下
推定沈下原因
  • 超軟弱地盤(たぶん腐植土)、表層改良も役立たず
  • 中途半端な表層改良がより大きな圧密を助長したと考えられる

推定地形断面図

推定地盤断面図

土地条件図

スウェーデン式サウンディング試験データ