ETP-G工法

パンフレットダウンロード(PDF)

小規模建築物に適した回転貫入鋼管杭

ETP-G工法

環境にやさしいクリーン工法

一般財団法人 日本建築総合試験所:GBRC 性能証明 第09-19号

ETP-G工法の特長

先端翼形状

SWS試験

ラムサウンディング試験

施工状況

先端翼

  • シンプルな形状で貫入しやすい。

簡易な試験での設計が可能

  • スウェーデン式サウンディング試験およびラムサウンディング試験での設計が可能。

低騒音・低振動・無排土で環境に優しい

  • 振動・騒音が極めて少なく、周辺環境への配慮や残土の発生も無く、環境に優しいクリーン工法。

ETP-G工法の適用範囲

  1. 適用する地盤の種類
    基礎ぐいの先端地盤 : 砂質地盤(礫質地盤を含む)および粘土質地盤
    基礎ぐいの周囲の地盤 : 砂質地盤及び粘土質地盤
  2. 最大施工深さ
    杭長は基礎ぐい本体径の130倍以下とする。
    ただし、SWS試験結果にて施工する場合は施工地盤面より-15mとする。
  3. 適用する建築物の規模
    地上3階以下、建物高さ13m以下、軒高9m以下の小規模建築物

ETP-G工法の先端支持力早見表